エコ・ウレックス工業会

防水に関する調査・お見積り・ご相談はこちら

  • お問い合わせ

製品・工法

製品・工法紹介

エコウレックス工業会では施工生産性の工業、工期短縮に貢献する製品・工法を取り扱っています。
一液ウレタンによる防水工法は、環境にも人にも優しく、工期短縮、施工生産性の向上も図れる防水工法です。

エコ・ウレックス工業会とは

エバーコートZero-1Hの特徴

エバーコートZero-1Hの特徴

世界基準の環境対応

  • 特定化学物質※無配合(※TDIトリレンジイソシアネート、MOCA(3,3-ジクロロー4,4-ジアミノフェニルメタン)
  • TX※フリー (※トルエン・キシレン)
  • 鉛・DOPフリー
  • F☆☆☆☆取得
  • シックハウスを引き起こす物質※を含みません。(※厚生労働省ガイドラインに掲載されている14物質)
  • 産業廃棄物の発生抑制

世界基準の環境対応

世界基準の環境対応

塗膜性能のアップと塗膜品質の確保

  • 従来のウレタン防水材の性能に比べ大きくレベルアップした、高物性、高耐候、高耐久の塗膜性能です。
  • 2成分形ウレタンで起こる配合ミス、撹拌不良による硬化不良や物性未発現は無く、常に一定の塗膜品質が確保できます。

塗膜性能のアップと塗膜品質の確保

塗膜性能のアップと塗膜品質の確保

施工効率が向上し、工期短縮にも寄与

  • 混合撹拌の必要が無く、すぐに塗布施工できます。
  • 撹拌、小分けの必要性が無いため、小面積の施工、ベランダ、側溝、巾木等の施工がスムーズになります。
  • 硬化促進剤の添加により、速硬化、厚塗りが可能です。また、冬期の翌日施工が可能になります。

エバーコートZero-1H 改修シリーズ

エバーコートZero-1改修シリーズは、今まで直接ウレタン防水による改修塗布が難しかった既存防水にも改修が可能となった画期的な工法です。

工法の特徴

砂付き露出アスファルト防水改修仕様

従来、砂付き露出アスファルト防水をウレタン塗膜防水工法で改修する場合は、アスファルト分の移行などがあり直接施工することが出来ず、ポリマーセメントモルタルや通気緩衝シート等の絶縁処理が必要となり、工期とコストの負担が生じていました。エバーコート Zero-1H は、砂付き露出アスファルト防水に直接塗布が可能で、シームレスな防水層を形成します。

砂付き露出アスファルト防水改修仕様

塩ビシート防水改修仕様

Zero-1 専用促進剤をエバーコート Zero-1H 立上り用に混入することで、シートジョイント等を厚膜で補強し、全体をエバーコート Zero-1H で直接塗布して高物性でシームレスな防水層を形成します。

塩ビシート防水改修仕様

アスファルトシングル屋根防水改修仕様

従来、アスファルトシングル屋根の改修は状況に応じて撤去方式又はかぶせ方式を選定し、同種のアスファルトシングル材で行うのが一般的です。
しかし、かぶせ方式を採用しても納まりの問題で、2 回目以降の改修では撤去が必要となります。
1 成分形ウレタン塗膜防水材エバーコート Zero-1H による改修では、直接塗布が可能でシームレスな防水層を形成します。

アスファルトシングル屋根防水改修仕様